読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

刺されてきました:鍼の話

肩こり

 昨日は一日でアクセス数が130にも達してうれしい限りです。

読んで楽しいorおもろいorためになるブログになるよう精進いたします。

今後ともよろしくお願いします。

 

本題:刺されてきました

昨日の記事で告白した通り、鍼灸院に行ってきました。 

tsubakimoto-neko.hatenablog.com

 

鍼は数年ぶりだったので、忘れてました。

 

痛い。

 

のですよ。

張りまくってかちんこちんになっている筋やら筋肉に鍼を刺すわけですからそりゃあもう当然ですわな。

 

今日行ったところは初めての鍼灸院だったので、手加減してくれたそうです。

来週も予約したのですが、次回はもうちょっと太い鍼で刺すと言われて鬼畜の所業?下衆の極み?それとも鬼共の宴かな?(byハマカーン)と思いました。

 

で、具合はどうなの

ただいま施術後1時間経ったところです。

若干、ほんとうに若干、楽になった気はしています。

でも、たぶん、あと1時間後ぐらいに片頭痛が来そうです。(予言)

 

おそらく数回治療すれば痛みは治りそうな気がします。

でも、根本的に治さないとまたぶり返すのでしょう。

肩こりをなんとかしないとです。

 

思い返せば肩こりは小学校6年生からの付き合いです。

そんな長年付き合った奴をたった1回針を刺しただけで別れるなんて無理ですよね。

 

涅子「もう終わりにしたいの、私たち」

肩こり「そんな簡単に別れられる訳ないだろう!」

涅子「もううんざりなの、あなたには」

肩こり「本当にそう思ってるのか?」

涅子「そうよ。もうおしまい。さよなら」

肩こり「待ってくれ…!」腕グイー

涅子「やめて!触らないで!」ダッ

肩こり「ちょ、待てよっ…!」ダッ

 

てな訳で、肩こりにストーキング行為をされているんですがどこで接近禁止命令を出してくれるのでしょう?

もし私の身に何かあったら肩こりを疑ってください。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ