読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

痴漢にあった話をしましょうか

雑記

最近はほとんど痴漢にあわなくなった涅子です。こんにちはー!

年を取ったせいか、見た目が怖くなったせいか、近頃はめっきり痴漢にお会いしません。しかし、制服を着ていると痴漢遭遇率は格段に上がります。特にJKだった頃が一番大変でした。JCやJKの娘さんをお持ちの親御さんもぜひ注意するようにしてあげください。

 

というわけで、覚えている限り書いていきます。

 

電車編

東京の高校に入学し、電車通学になりました。しかも満員電車。痴漢が多いとは聞いていましたが、本当に多かったです。私の見た目は大人しそうだったのですが、実はちょっとクレイジーなJKでした。痴漢も戸惑う方が多かったですね。

 

太ももをさわさわ

朝の満員電車で座席前に立っていました。すると後ろからスカートの中に手を入れて太ももを触ってくる人が。振り向くと20代前半ぐらいの地味な男性。朝なのにスーツを着てなかったので、おそらく大学生でしょうか。真顔でさわさわ触ってました。

 

腹が立ったので、低い声でそいつにしか聞こえないように「おい。お前だろ。触るんじゃねえよ。」と伝えました。するとみるみる青ざめて、冷や汗をかき始めました。もちろん私を触る手は止まりました。

 

そのまま捕まえて駅員に突き出しても良かったのですが、なんだか怖かったのでしませんでした。止めろって言えるのに捕まえるのが怖いって矛盾しているようですが、まだJKだったので怖かったんですよ。

そいつは次の駅で慌てて出ていきました。

 

お尻につん

こちらも朝です。満員電車でドアから入ってすぐのところに立っていました。ドア側にお尻を向けた状態です。電車が出発してお尻に違和感が。何か直径2㎝ぐらいの棒状の物がお尻のほっぺ部分に「つん」って刺さってる感じです。そのまま全く動きません。なので、誰かのカバンの一部か何かだと思ったのです。それにしてもなんだか気になる。何が刺さってるんだろう?とその棒状の物を後ろ手に握ったんです。

 

そしたらね、どう考えても誰かの指でした。うわー!って思ってその指を握ったまま思いっきり腕を上げましたよ。そしたら後ろにいたハゲて小太りの50代ぐらいのおじさんが慌てて腕を引っ込めました。

 

そんなわけで私はそのおじさんの方を向いて全力で睨んだんですが、おじさんはドア側にくるっと体を向けてうつむいています。ここでもやっぱりなんだか怖かったので突き出せませんでした。おじさんは次の駅で慌てて降りていきました。ていうか、周りの人も気が付いてたと思うんですけど、誰も声を掛けてくれませんでしたね。

 

足に何かが

部活の帰り、そんなに混んでいませんでしたが、椅子が空いてませんでした。なので疲れていた私は吊り革に両手でつかまって、顔を腕に乗せて目を閉じていました。目は閉じてたけど寝てませんでしたよ。すると足に何かがとん、とん、とぶつかりました。私はそのままの体制で目だけ開けて何がぶつかったのか確認しましたよ。気になりますからね。

 

そしたら横に立っている人の黒いボストンバッグでした。何だ、カバンか、と思ったけどなんだかおかしい。カバンのチャックがちょっと空いてるし、中にレンズみたいなものが見えるじゃないですか。

 

えっ!!盗撮!!と思って顔を上げて横の人を見ると、20代後半から30代ぐらいの男性。ガリガリで目がヤバい感じの人でした。これはヤバいかな、と思いながらも「おい、てめえ」って言いかけたら、突然その男性が逃げました。逃げた!と思ったらちょっと離れた場所に一つだけ空いてた椅子に座りました。何でや、と思いながら追いかけてそいつの前に行こうとしたら、立ち上がってまた逃げ出しました。おいおい、と思いながら追いかけたら電車が止まって降りていきました。

 

私の降りる駅はまだ先だったので、もういいやと思ってそのままにしました。悔やまれるのはその日履いていたのがあまりかわいくないパンツだったってことです。

 

露出編

電車での痴漢に比べて露出系の痴漢はあっという間です。これも捕まえるのは怖いですね。周りに人がいない場合が多いので、さすがの私も逃げるしかありませんです。

 

シンプルに

学校からの帰り道。もう日が落ちていたので真っ暗な道を歩いてました。すると前方の木陰にスーツのおじさんが立っていました。黒いスーツだったのに、何かがおかしい。顔と股間部分が肌色でした。おじさんは真顔でまっすぐこちらを見ています。

超怖ええ!と思いながらもその道を通らないと帰れないので、急いで通り過ぎましたよ。

 

朝っぱらから

高校卒業後の話です。通勤のために駅まで住宅街を歩いていました。すると後ろから自転車に乗ったおじさんが通り過ぎました。しかしおじさんのスーツが緑がかったベージュみたいな変な色のスーツで、変だなと思ったんです。

 

しばらく歩いていると、一軒家の前に自転車が止まっていました。その時は何とも思わなかったのですが、その一軒家の玄関先でさっきの変な色のスーツのおじさんがこちらを見ていました。ニヤニヤしています。えっ!て思ったらおじさんはニヤニヤしながら股間のアレを弄んでいます。うわー!って思いながらも急いで通り過ぎるしかありませんでした。すぐ大通りに出ましたけども。

 

コンビニ前で

これは数年前の話です。仕事帰り、9時ぐらいだったと思います。国道沿いのコンビニ前を通った時にふと視線を感じました。見てみるとズボンを下ろしてTシャツを伸ばして股間を隠している50代ぐらいのガリガリのおじさんが。

あっ!て思った時には遅かったです。おじさんは真顔でTシャツをぺろーんとめくりました。あーあ、と思いながら帰宅しました。

 

もうそれ犯罪編

ちょっと身の危険を感じた話です。

 

エレベーターで

JKの時でした。学校帰りで夕方でした。家のマンションの1Fで、エレベーターを待っていたら後ろに20代前半ぐらいの男性が。大きなマンションだったので、住人だろうなーと思ってました。エレベーターが来たので私が先に乗って自分の階のボタンを押すと、男性はボタンを押そうともしません。同じ階なのかな?ぐらいにしか思ってませんでした。

 

エレベーターが着いてドアが開いたので、私が先に降りて2,3歩歩いた瞬間、後ろから羽交い絞めにされました。そして男性は右手を私の股間に突っ込みました。これはダメなやつだ!と思って「ギャーーー!!!!」って全力で叫びました。

 

すると男性は走って逃げ始めました。この時点でかなり腹が立ったので「てめえ!!待てや!!このやろう!!」と罵声を浴びせながら追いかけてしまいました。男性はマンションの廊下の突き当りにある非常階段を走って降り始めました。私も怒鳴って追いかけた割にはやっぱり怖くなったんです。なのでマンションの廊下からそいつが逃げていくのをずっと見てました。

 

家に帰って母親に言ったのですが、私の声は一切聞こえなかったとのこと。怒鳴って追いかけたことを伝えたら、そういうことは危ないから止めなさいと言われました。そりゃそうだ。止めた方が良いですよ。

 

深夜のコンビニ前で

一昨年のことです。被害にあった訳ではなかったのですが、非常に怖かった話です。

その日は仕事で深夜2時まで残業しました。とにかく家に帰りたかったのですが、お腹が減っていたのでタクシーで家の近所のコンビニまで帰りました。するとコンビニ前にスーツケースを持ったおじさんが。おそらく40代ぐらいです。

 

なんかヤダな、と思いながらコンビニで買い物をして出ようとすると、そのおじさんがこっちをじっと見ています。あれ、これダメなやつかな?と思ったので、コンビニを出た後、後ろを気にしながら歩きました。案の定、そいつが後ろを着いてきました。あーこれダメだーと思って。Uターン。

 

おじさんとすれ違い、別の道から帰ろうとしました。別の道をしばらく歩いていると、途中の曲がり角からさっきのおじさんが突然登場。おおおお、と思ったらおじさんが「こんばんは。」とニヤニヤ。うわー!っと思ってちょうど近所にあった警察署に駆け込みました。交番じゃなくて警察署です。

 

警察署って深夜でも警察官がいっぱいいるんですね。私が駆け込んだら、事務所内にいた若い私服の警察官が6名ほどが一斉に立ち上がりました。

「知らない男性が後を付けて来て声を掛けられたので、ちょっと怖くて、しばらくここにいても良いですか?」と聞くと「家まで送ります。」と有り難い申し出をしてくれました。4名の警察官が着いてきてくれて、2名は私に声をかけたおじさんを追いかけて行きました。残り2名は周りを警戒しながら家まで送ってくれましたよ。こういう時って心強いですね。

 

私が懸念したのは、深夜に一人歩きしている女性の後をつけて、家に入ろうとしたところで襲って押し入られるということでした。コンビニで食べ物を買っていたので一人暮らしだと判断されたかな、と。

ナンパにしてはおかしいですし。後をつけてくるとか深夜2時とか。

 

まとめ

もし痴漢にあったら自分で対処しないで、周りの人に助けを求めましょう。今考えると自分で対処しようとするのは間違いだったと思います。もし痴漢が武器を持っていたら?暴力を振るわれたら?自分だけで対処するべきではないです。

 

自分の身は自分で守りましょう。周りを良く見ましょう。夜や深夜に一人歩きする時は特に、です。周りの人に助けを求めることも大事ですが、全力で逃げることも自分の身を守る方法です。

 

というわけで、痴漢にあった話でした。同じような被害にあわないように気を付けてください。娘さんがいる方は、よく注意してあげてください。

 

私に痴漢したヤツら全員に呪いをかけたので、今頃は不幸になっていることでしょう。ざまあ!!!