読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

女で異性愛者だけど好みの女性が職場にいます

雑記

先日、後輩(男性)と好みのタイプを聞いたら同じでびっくりした涅子です。こんにちはー!

ちょうど好みのタイプにぴったりの女性が同じ職場にいたもんで、ちょっと盛り上がってしまいました。

 

好みのタイプの女性

外見で言うと、こんな感じです。

・30歳前後
・黒髪or濃い茶のロングでストレート
・色白
・目が離れ気味
・清楚な顔立ち
・薄化粧
・眼鏡をかけている
・身長は高め
・スレンダー
・胸もお尻も小さめ
・服装は地味系

 

性格的にはこんな感じです。

・口数が少ない
・おっとりしているが芯がある
・頭が良い

 

これにぴったんこの女性が私の職場に2人もいるんです。

 

そのうち1人は既に結婚してるんです。私はそれが「超エロい」と思って後輩に言ったんですが、後輩は「よくわからない…」とのこと。なんでや。超エロいやろ。

 

エロい!とは思いつつも、彼女たちは性的対象ではないし、特に話をしたこともないし、ただ見ていたい対象なんです。なんでしょうね、これ。

 

私は彼女たちを見掛けると勝手に一人でほっこりしています。でも後輩におかしいって言われました。おかしいって思うのもわかります。わかりますよ。

 

書いてて心配になってきました。私、おかしいのでしょうか…?

 

女性に誘われた思い出

私は本当に異性愛者なのかと言われたらそうですよ。恋愛対象は男性です。

過去に2度ほど女性にお誘いを受けたことあり、全力でお断りしたことがありました。心底イヤだったので、同性愛者ではないはずです。

 

一人は同じ職場にいた女性で、長身スレンダーで美人なんだけどショートカットでボーイッシュな方でした。仕事上、関わりはなかったのですが、トイレで会うとちょっとお話する程度でした。

 

いつも私の容姿や洋服を褒めてくれて、最初は嬉しかったのですが、だんだん怖くなってきたんです。当時、彼女は恐らく30代後半ぐらいだったのですが、浮いた話を全く聞いたことがありませんでした。さらに、同じ職場の他の女性に聞いてみたところ、彼女が話しかけているのは私だけでした。しかもみんな彼女が同性愛者なんじゃ、と思っていたとのことです。

 

おおおお、と思っていたある日。トイレでまた彼女に会いました。いつもはちょっとお話するだけだったのに、「今度、ご飯食べに行きませんか?」と誘われました。私が「えーと、みんなとですか?」と聞くと、彼女は「二人で」と真剣な目で見つめてきました。私が「近頃は仕事で忙しいからしばらくしてからですかね~」と言うと、彼女も「そうですね」とあっさり引き下がりました。

 

その後トイレで会ってもあまり話をしなくなってしまい、気まずいなと思っていました。すると翌月、彼女は別の部署へ異動になりました。おそらく異動は既に決まっていて、異動する前に誘ったのだと思います。

 

 

もう一人はとあるイベントで知り合った20歳の地下アイドルでした。なんのイベントかは内緒ですが、彼女は私が社長ということを知ると話しかけてきました。「女性に興味ありますか?」と聞いてきたのです。なんてストレート!私が「ないですよ」と答えると、彼女は「もし興味があったら私とお付き合いしませんか?」とド直球でした。全力でお断りしましたけど。

 

でもですね、彼女は当初、お金持ちそうな男性たちにアピールしてたんです。その後、私の肩書きを知って話しかけてきました。なので、スポンサーが必要だったんじゃないかと。

 

まとめ

私は異性愛者です。

でも好みのタイプの女性を見てほっこりしています。

ちなみに好みのタイプの男性は外国人で長身で体型は細身~ゴリマッチョまで対応可能です。顔は目が真ん中によってなければ大丈夫です。実は面食いではないんですよ。性格について書き始めると長くなるのでまたの機会に。

 

以上、なんのまとめかわかりませんがまとめました。