読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

そこに、あったから。

本を読んだ。そこに、本があったから。

 

テレビを見た。そこに、テレビがあったから。

 

そこに、あったからやった。それだけだ。

 

それが良いのか悪いのか、それは誰にもわからない。

そこに、あったからしたのだ。

 

*****

 

登山家がなぜエベレストに登るのかを問われて答えた言葉がある。

 

「そこに山があるから。」

 

ジョージ・マロリー - Wikipedia

※本来は「そこにエベレストがあるから。」と答えた物が「山」と訳されて有名になっている。

 

 

ただ、そこにあるから登る。理由はそれだけだ。

たったそれだけで人は動く。

 

*****

 

姉が子どもの頃、母が突然姉の頭をおもちゃのハンマーで頭を叩いたことがあった。もちろん痛くない程度に、だ。

 

姉は驚き、母になぜ叩いたのか聞いた。

 

母は、

「そこに頭があったから。」

と答えた。

 

そこに、あったから。

 

何の気なしに手に取ったおもちゃのハンマーと姉の頭を見てそうせざるを得なかったのだろう。

 

そこに、姉の頭があったのだ。

理由なんてない。

 

*****


私はつねづね思う。

なぜ彼は理解のできない行動をするのか。

 

たぶん彼に理由なんてない。ただ、そこにあったからだ。

 

彼はよく家具の隙間に手を入れている。そこに、隙間があったからだ。

 

彼は朝方、寝ている私の顔に向かってくしゃみをする。そこに、私の顔があったからだ。


彼は私のパンツを咥えて家中を走り回った。そこに、パンツがあったからだ。


彼はうんこ後に方向転換をした際、わざわざひりたてのうんこの上に手をついて通って行った。そこに、うんこがあったからだ。

 


そこに、あったからだ。

 

それが良いのか悪いのか、それは誰にもわからない。

そこに、あったからしたのだ。

 

 

彼は毎日のように私の背中に乗る。そこに、背中があったからだ。

f:id:tsubakimoto_neko:20160628123240j:plain

 

彼は私の友人の背中にも乗った。そこに、友人の背中があったからだ。

f:id:tsubakimoto_neko:20160628123316j:plain

 

 

私は嫉妬した。

 

彼が背中に乗るのは私だけではないのか。

だが、それは奢りというものだ。

 


彼はただ、そこに背中があったから乗ったのだ。


そこに、背中があったから。

f:id:tsubakimoto_neko:20160628123350j:plain

 

そこに、あったからやった。それだけだ。