猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

【34本目】光の速さで起床するコツ

光の速さで起床するコツ 朝が弱いです。スッキリ爽やかに起床できたことなど一度もありません。 どうやら私は夜型人間のようです。放っておくと昼夜逆転します。深夜の方が集中できるというか、頭が冴える気がするのです。なんなら運動会もできそうです。わ…

【33本目】産まれた

産まれた 水槽を立ち上げて6ヶ月。レッドビーシュリンプを飼い始めて5ヶ月。 計11人のエビちゃんを殺めてしまったけれど、子エビちゃんが産まれました。めでたい。 以下、時系列で整理するとこんな感じです。 ・2月頭:11人目のエビちゃんが亡くなる。水槽内…

【32本目】猫様と和解した

猫様と和解した 去年の目の手術以降、ご飯を食べなくなってしまった猫様。 根気強く説得していたら近頃はモリモリ食べるようになりました。 以前はご飯を出しても一口も食べず、訴えるかのような目でこちらを見ていただけでした。今ではすっかり食欲が回復し…

【31本目】買えない

買えない 毎日21、22時ぐらいまで残業してたらさすがに疲れました。 この週末はほとんど家から出ず、誰とも合わず、溜まった家事と自分の会社の仕事をしていました。 そんな週末もあと数時間。晩ご飯の準備をする前に、ブログでも書こうかとノートPCを開いた…

【30本目】呼び方

呼び方 お父さん、お母さん、パパ、ママ、父さん、母さん、おとん、おかん、父上、母上、お父様、お母様、親父、お袋。 両親の呼び方は家庭によって呼び方はそれぞれだと思います。それに呼び方は変化することもあります。小さな頃はパパ、ママと呼んでいた…

【29本目】生き急ぐ

生き急ぐ 生き急ぐとは、人生をどんどん進めて早く終えようとしているかのように見える様子、だそうです。 私が仕事を始めたのは19歳の頃。たくさん仕事もしたし、たくさん勉強もしました。あっ、それと、たくさんゲームもしました。 そんな私に対して、周り…

【28本目】どこにでも着いて行くよ

どこにでも着いて行くよ 猫ちゃんの下僕の皆さまならわかるはず。 出先でも猫ちゃんと一緒に居たい…そんな気を紛らわしてくれるものがあります。 ***** 満員電車で身動きが取れず、スマホを見ることもできない時。電車内の広告も見飽きたし、周りの人たちを…

【27本目】猫の目

猫の目 猫の目は不思議です。 明るいところでは黒目が細くなるし、暗いところでは真ん丸になります。人間の黒目はそんな劇的に変わらないのに。不思議。 黒目が細い時の猫様はなんだかカッコよく見えます。窓辺に座って外を眺めている時なんて、とても凛々し…

【26本目】落ち着きがない

落ち着きがない 子供の頃はとても大人しくて落ち着いていました。 一人遊びが好きで、自分の部屋で黙々と遊んでいました。おもちゃは家具が揃っていないシルバニアファミリーと、洋服が数着しかないジェニー。足りない家具はレゴや工作で作っていました。洋…

【25本目】ストレス発散

ストレス発散 ストレスフルな毎日を過ごしています。 時々、ストレスを発散しないと大変なことになります。 週に一度は暴飲暴食しないとストレスが発散できません。だいたい金曜の夜は『わるわるナイト』と称して体に悪い物を食べて、ゴロゴロしたり、ゲーム…

【24本目】見ている

見ている 私は周りをよく見るタイプです。 転校生だったからでしょうか。周りの人たちが何をしているのか、何を考えているのか、よーく見ています。 見ていると色々なことが分かります。例えば同僚に話しかけたい時、その同僚を見てみるとなんとなく分かりま…

【23本目】好きな数字

好きな数字 好きな数字を聞かれたら、『23』と答えます。 自分の誕生日に関係のある数字ですが、なんとなく特別な数字のような気がしてなりません。 ちなみに銀行の暗証番号等には使っていませんので予めご了承ください。 世の中には意外と『23』がたくさん…

【22本目】ニャンニャンする

ニャンニャンする どこの誰ですか、そういう意味で『ニャンニャンする』とか言い出した人は!私たち人間が敬うべき猫様の鳴き声をそういう意味に使うだなんて、罰当たりな! 「昨日ニャンニャンしてきました!」って言われたら、 下僕の場合、「おっ、猫カフ…

【21本目】生活が整う

生活が整う 週に一日は家事に忙殺されています。 部屋の掃除をして、洗濯をして、買い物へ行って、料理をして、筋トレをして、美顔器を使って、お風呂に入って、スキンケアとパックをして、歯のホワイトニングをして、日本舞踊のお稽古をして、ストレッチを…

【20本目】最初の記憶

最初の記憶 一番古い記憶は3,4歳の時です。 冷蔵庫を買い換えたのを覚えています。緑色の冷蔵庫から白の冷蔵庫になった気がします。台所の勝手口から業者のお兄さんたちが冷蔵庫を運び入れたのを覚えています。 ちなみに、家電の緑色ブーム、ありましたよ…

【19本目】一つのことに集中する

一つのことに集中する 注意力散漫な生涯を送ってきました。 一つのことに集中するのが苦手で、複数のことを同時に進める方が得意です。いわゆるマルチタスクというやつですが、これって一つ一つの完成度が落ちると言われていますよね。本当だと思います。 完…

【18本目】布団が先か、猫様が先か

布団が先か、猫様が先か 猫様は良い匂いがします。 おうちから出ない猫ちゃんはだいたい良い匂いがします。きっと、たぶん。 猫を吸う、という行為をご存知でしょうか。もしあなたが猫ちゃんの下僕さんならきっとしたことがあるでしょう。猫ちゃんの体に顔を…

【17本目】猫ちゃんのかわいさは世界共通

猫ちゃんのかわいさは世界共通 かわいいですよね、猫ちゃん。 もちろん、うちの猫様が世界で一番かわいいです。ただし、例外なく全ての猫ちゃんがかわいいです。 アメリカ人の友人がよく猫ちゃんの画像を送ってきます。Redditで見つけたと思われる、かわいい…

【16本目】冬休み最後の日

冬休み最後の日 明日から仕事です。 冬休み最後の今日は家事に追われて終わりそうです。 長期休暇の最後の日はいつも憂鬱です。楽しい休日が終わってしまう。明日から現実に戻ってしまう。明日になったら、また満員電車に乗って不愉快な思いをしながら出勤し…

【15本目】勉強とは嫌なもの

勉強とは嫌なもの 勉強は嫌いです。 厳密に言うと、他人に強制されて勉強することが嫌いです。 義務教育から高校にかけて、勉強は嫌いでした。好きでもないことを無理矢理暗記させられるのが特に嫌いでした。 好きなことや得意なことを勉強するのは好きでし…

【14本目】猫様の睡眠

猫様の睡眠 猫は一日14時間寝るといいます。 うちの猫様はどのくらい寝ているのかわかりません。ただ、めっちゃ寝ています。 しかし、猫様の下僕である私が休みの日はあまり寝ません。家の中に他の生物がいると安心して眠れないようです。なんかすみません。…

【13本目】時間が溶けていく

時間が溶けていく えっ、もうこんな時間。 夕方になると、毎日こう思います。仕事の日でも、休みの日でも、毎日です。 毎日が充実しているかと言えば、そうでもありません。その日のタスクを達成できていないまま、時間だけが過ぎていきます。 なぜタスクが…

【12本目】2020年、あけましておめでとうございます

2020年、あけましておめでとうございます 2020年になりました。元日です。 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 さて、元日は毎年実家に帰っています。 実家も自宅も都内なので、電車で一時間以内に帰省できます。帰省感はほ…

【11本目】2019年の反省会

2019年の反省会 大晦日です。明日は2020年です。 これは反省会をしないといけません。2019年を振り返りながら反省していきましょう。 2019年1月 生まれて初めてTOEICを受けました。結果は惨敗。800点は無理だけど、700点は余裕やろ!と思っていたら700点に届…

【10本目】食感のある食べ物

食感のある食べ物 食べ物全般、だいたい好きです。 特に食感のある食べ物が好きです。 白米よりも押麦を入れた麦ご飯の方が好きです。雑穀米や玄米も好きですが、押麦が一番好きです。 子供の頃、母が思い付きで押麦を入れたことがあったのです。その時にす…

【9本目】9人のエビちゃん

9人のエビちゃん 今年の秋、我が家に水槽を設置しました。 レッドビーシュリンプという小さなエビを飼うためです。 金魚ガチ勢の友人とアクアリウムショップへ行ったのが運の尽き。 お店で見たレッドビーシュリンプに虜になってしまいました。だって、赤白縞…

【8本目】冬が好き

冬が好き 私は冬が好きです。 今の時期が最高に好きです。暑くない、というのが最も好きなポイントです。 オシャレもできますし、着物も快適に着れます。 美味しい物もたくさんあります。暖かい食べ物や飲み物は美味しいですし、暖かい部屋で冷たい物を食べ…

【7本目】冬休みの宿題

冬休みの宿題 速報です。冬休みが開始しました。私の。 私は12月28日から1月5日まで休みです。9日間。こんなに休んだのは去年の冬休みか、それとも一昨年にインフルエンザになった時か。 社会人になると長期休暇はなかなか取れないものです。できれば毎月取…

【6本目】大っぴらにケーキを食べても良い日

大っぴらにケーキを食べても良い日 ケーキが好きです。 ショートケーキも好きです。チョコレートケーキも好きです。チーズケーキももちろん好きです。モンブランだって好きです。フルーツのタルトも最高です。嫌いなケーキはありません。 でも、ケーキがどん…

【5本目】転校生の憂鬱

転校生の憂鬱 子供の頃、父親の仕事の都合で3年ごとに引っ越しをしていました。 しかも名古屋から大阪、大阪から東京、といったかなりの距離をです。 物心がつく前は友達と離れ離れになって寂しいな、ぐらいにしか思っていませんでした。引っ越しをすること…