読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫になりたい

将来の夢は猫になることです。


[広告]

人生で初めて飼った猫:突然死と肥大型心筋症の話

猫のことを書こうと思って開設したブログなのに、すっかり忘れていた涅子です。こんにちはー!

 

昨日は人生で初めて飼った猫の誕生日でした。

 

彼は不思議な白黒猫でした。

食い意地が張っていて、いつでもご機嫌で、マッチョな優しい子でした。

 

ところが、1歳とちょっとで突然亡くなってしまったのです。

 

当時、原因はわからなかったけど、今ならわかる気がします。

 

 

今、飼っている猫は、その亡くなった猫の実の弟なのです。

兄猫が亡くなった後、ブリーダーさんから行先のなかった弟猫を里親として譲り受けました。

 

ブリーダーさんから譲っていただいたので、全国に兄弟がいます。

その兄弟のオーナーさんとネット上でつながっているので、色々と情報が入ってくるのです。

 

ある日、他のオーナーさんから、

 

「肥大型心筋症を発症した。遺伝性の可能性もあるので、検査した方が良い。」

 

とアドバイスをいただきました。

 

急いで動物病院で検査してもらいました。

きっと大丈夫、きっと違う、そう念じながら結果を待っていました。

でも、私の猫は初期の肥大型心筋症である、と診断されました。

 

うろたえました。

元気いっぱいだった子が実は心臓の病気だったなんて。

しかも、不治の病なんです。

一生、薬を飲み続けないと、ある日突然、血栓ができて亡くなってしまうかもしれません。

肥大型心筋症はそんな病気です。

 

他の兄弟のうち、何人かが同じ病気と診断されました。

それで、ようやく私は納得できました。

私が人生で初めて飼った兄猫は同じ病気だったのでしょう。

きっと、血栓ができてあっという間に亡くなってしまったんだ、と。

 

私が留守にしている間に亡くなったので、自分に責任があるような気がしていたのです。

もし私が家にいればすぐに病院に連れて行けたかもしれない。

もし私が精密検査をしてあげていれば、病気に気が付けたかもしれない。

もし。。

 

今飼っている弟猫は毎日薬を飲んでいます。

薬を欠かさなければ10年以上生きられるかもしれません。

あと10年、できればそれ以上、一緒にいたいと願っています。

 

もし、猫を飼っている方は、一度検査してみる価値はあると思います。

 

pet-seikatsu.jp

 

特にメインクーンラグドールペルシャ、長毛種がなりやすいようです。

私の猫はなりやすい猫種ではないですが、発症しました。

どの猫にも可能性はあるそうです。

 

獣医さんに聞いた話ですが、もし遊んだ後などに口を開けて「ハアハア」言うことが多い場合、注意した方が良いとのことです。

心臓に負担がかかっているかもしれません。

 

猫は体調が悪くても何も言いません。

飼い主、いえ下僕が常に確認しないといけません。

私め下僕は一生、猫様に使える次第でございます。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ